ウーマン

アトピーを改善して人生を楽しもう|自信を持てる

このエントリーをはてなブックマークに追加

原因がある

美容液を持つ女性

原因

敏感肌になってしまう原因はいろいろありますが、強力な石鹸や化粧品を使用した際に手や肌が荒れたり、痒みがでたりする方の肌の名称に定着していますが、実際の所、医学的には敏感肌という病名は存在していないのも事実です。ですので、自分に合わない化粧品を使い続けると、肌を傷める原因にもつながるので、できるだけ天然成分が入った商品を選びようにするといいでしょう。また、食べものでアレルギー反応を起こしたことがある方も敏感肌の可能性があるので注意した方がいいでしょう。敏感肌を改善するには肌を作る食材を中心に摂取するといいかもしれません。例えば、お肉や魚、乳製品などをバランスよく取るといいでしょう。しかし、コンビニ弁当やジャンクフードは炭水化物や塩分が多く含まれており、返って肌を悪くしてしまうので避けて手作りを心がけるようにするべきです。また、白米に雑穀を混ぜるだけで高い栄養素を効率よく摂取することができるので試してみるといいでしょう。他にも、女性に多いとみられる貧血も肌質を悪くする要因の一つとされており、レバーや赤みの魚を摂るようにすると敏感肌を防ぐことにも繋がります。敏感肌と貧血が同時に治るので一石二鳥といえるでしょう。このように、生活習慣によって敏感肌になるケースもあるので日頃から注意してみるといいでしょう。

正しいケア

スキンケアが間違っていると敏感肌を治すのは不可能といえるでしょう。ですので、改善したいならきちんとした方法を覚えておくべきです。例えば、クレンジングをする際はクリームやミルク系のものを使用して、40秒以内に洗い流すのがベストです。また、洗顔をする時は、天然成分が配合されたものを使用し、ぬるま湯で40秒以内に落とすようにしましょう。そして、化粧水を付けるならセラミド配合化粧水を使うと肌が潤います。最後に、保湿をしっかりしたい方はセラミド配合美容液にクリームを塗ります。それでも敏感肌が気になる場合は、保湿クリームを上から塗れば大丈夫です。